okasora

旬な話題をゆる~く。おかそら!

おちょやん【板尾】万太郎(すがのや・まんたろう)ってどんな人、モデルはだれ?

朝ドラ・おちょやんで板尾創路(いたお・いつじ)さんが演じるのは、日本の喜劇界に長く君臨し続けた絶対的な喜劇王・須賀廼家万太郎(すがのや・まんたろう)です。

千代や一平たちにとっても憧れの存在です。

このページでは万太郎ってどんな人、モデルはだれ?について紹介します。

板尾さんから見る万太郎

お笑い芸人の板尾創路さんにとって万太郎役に抜擢されたことは光栄だとは思いますが、本業に近い役柄なだけに変なプレッシャーがあるかもしれませんね(笑)

万太郎が生きた大正から昭和初期の時代は、人々の生活は貧しく、生きていくだけでみんな精いっぱいでした。

現在のようにお笑いの基本というものが確立していたわけでもなく、正解もやり方もわからない中で、万太郎は、笑いを自分の生涯の仕事にしようとしていました。

そんな万太郎の情熱を、板尾創路さんはまるで発明家のようだと言います。

何もないところから新しいものを生み出す…そういう意味では、お笑いを追求することも発明なのかもしれません。

万太郎と千之助の関係

また、万太郎はほっしゃんが演じる千之助(せんのすけ)とはライバル関係です。

そのため、仲違いをしたり嫉妬してしまったりすることもあるのですが、二人の本当の関係については本人たちにしかわからないと板尾創路さんは言います。

また、万太郎が、千之助に対して「まだまだやな」と言うシーンがあるのですが、これは千之助だけに向けられた評価というわけではなく、芸事をやっているすべての役者に向けられたものだと板尾創路さんは感じているようです。

お笑い芸人を長くやっている板尾創路さんならではの視点ですね。

千之助についてはコチラ

おちょやん【ほっしゃん】アドリブ王「せんのすけ」って誰?モデルは? - okasora

朝ドラ・おちょやんで星田英利(ほっしゃん。)さんが演じる須賀廼家千之助(すがのや・せんのすけ)は、天海天海とともに天海一座を率いている看板俳優で、周りからは「せんさん」と呼ばれています。 喜劇界のアドリブ王と呼ばれていた須賀廼家千之助は、舞台の上では、役が憑依したかのように自由に動き回っています(笑) ※ほっしゃん。は旧芸名ですが、こっちの方が馴染み深いのであえて、ほっしゃん。で紹介します。 🎍#おちょやん 登場人物紹介🎍 須賀廼家(すがのや)千之助🍵#星田英利千之助さんは喜劇界のアドリブ王。千代ちゃんたちにとって師匠であり、ライバルであり、トラブルメーカー…ややこしそうなお方です。万太郎さん…

喜劇の原点を表現

喜劇は、毎日舞台の上で、同じ演目を繰り返します。

喜劇役者同士で、お互いに褒めあっていても成長はできません。

同じ演目だからこそ、もっとおもしろくするために細かいところまでこだわり、創意工夫を凝らすことで、上を目指せるのかもしれません。

喜劇は、現代では当たり前のように存在する娯楽です。

しかし、喜劇という娯楽が確立されるまでには、たくさんの人びとが関わり、試行錯誤を繰り返してきました。

そんな喜劇が、日本で初めて生まれていく様が本作を通して描かれることと思います。

「おちょやん」は、貧しい生まれだったヒロインの千代が、大女優と成長するまでの人生を描いた作品ではありますが、それと同時に喜劇の歴史を楽しめる作品となっています。

板尾創路さんの登場シーンでは、視聴者は喜劇の舞台を鑑賞している観客になったような気分を味わえるかもしれませんね。

須賀廼家万太郎(すがのや・まんたろう)のモデルは?

曾我廼家五郎(そがのや・ごろう)です。

曾我廼家五郎は元々、中村珊之助という芸名で歌舞伎の大部屋役者(売れていない役者のこと)をしていましたが中村時蔵と出会い、「曾我廼家兄弟劇」を立ち上げます。

このときから「曾我廼家五郎」と名乗り、それまでなかったお笑い作り上げていくのです。

その後、「日本の喜劇王」、「日本のチャップリン」と呼ばれるほどの大成功を収めます。現代の芸人さんからするとレジェンドでしょね!

Youtubeで曾我廼家五郎の喜劇「良心」を見つけたので、興味がある人が聞いてみてください。当時のお笑いを感じられると思います。

まとめ

「おちょやん」の舞台は大阪。

大阪は現代でもお笑いと関わりが深い街ですが、やはりこの時代から大阪とお笑いには密接な関係があったようです。

大阪の人は昔からおもしろいことが好きで、人と関わり人を笑わせることが好きでした。

だから、万太郎のようなお笑いを仕事にしたいと思う人間が生まれたんじゃないかと思います。

 

 

おすすめ記事

朝ドラ | おちょやん【ネタバレ】プラス+あらすじを詳しく深堀! - okasora

View this post on Instagram A post shared by 杉咲花 (@hanasugisaki) このページでは朝ドラ「おちょやん」のネタバレを紹介します!だたのネタバレではなく、「おちょやん」のモデルである浪花千栄子さんの人生からあらすじを予測し、さらに深堀していきます。 そのため、実際の朝ドラと異なる部分もあるかもしれませんが、更に「おちょやん」を楽しめるように深い内容を盛り込んでいきます! 「おちょやん」ネタバレを動画で解説 ネタバレを知りたいけど、文章を読むのは面倒という方は、元NHKフリーアナウンサー「しまえりこ」さんがモデル千栄子さんの生涯を動画で解…

おちょやん【ほっしゃん】アドリブ王「せんのすけ」って誰?モデルは? - okasora

朝ドラ・おちょやんで星田英利(ほっしゃん。)さんが演じる須賀廼家千之助(すがのや・せんのすけ)は、天海天海とともに天海一座を率いている看板俳優で、周りからは「せんさん」と呼ばれています。 喜劇界のアドリブ王と呼ばれていた須賀廼家千之助は、舞台の上では、役が憑依したかのように自由に動き回っています(笑) ※ほっしゃん。は旧芸名ですが、こっちの方が馴染み深いのであえて、ほっしゃん。で紹介します。 🎍#おちょやん 登場人物紹介🎍 須賀廼家(すがのや)千之助🍵#星田英利千之助さんは喜劇界のアドリブ王。千代ちゃんたちにとって師匠であり、ライバルであり、トラブルメーカー…ややこしそうなお方です。万太郎さん…