okasora

旬な話題をゆる~く。おかそら!

【ボス恋・最終回】あらすじと感想。潤之介ロス!?奈未との結末は?

ついにオー!マイ・ボス!(ボス恋)が最終回を迎えましたね。登場人物がそれぞれが持つ夢と恋愛の結末がきになるところです。

このページではオーマイボス(ボス恋)の最終回のあらすじと感想を紹介してきます。

f:id:forallworker:20210320210234j:plain

引用:twitter.com

潤之介ロス

潤之介(玉森裕太さん)と別れ、立ち直れない奈未(上白石萌音さん)。

コンタクトを付ける元気もなく、元気がありません。

しかも仕事で会う人がすべて潤之介に見えてしまい、フラフラしているので、涼太(間宮祥太朗さん)や和美(秋山ゆずきさん)も心配そうです。

そんな奈未を元気づけようと、 編集部の先輩たちは、飲み会を企画。

なんとその飲み会には、潤之介も呼ばれていました。

まだ別れて4日なので「元気ですか?」という会話もしっくりこなくて、ぎこちない二人。

そんな潤之介は、編集部の人たちから「写真を離れて後悔はない?」と聞かれ、「決めてたことだから」と答えるのですが、「でも会社を継がせたかったのは、俺じゃなかったのかも」と寂しそうに言いました。

奈未はそんな潤之介の様子が気になる様子です。

すぐに席を立つ潤之介。

そんな潤之介をおいかけて、涼太が潤之介をラーメン屋さんに誘います。

涼太は、カメラマンをやっていたときの潤之介は、かっこよかったと話しました。

また、奈未とのことについても「わかってもらう努力をしないと何も進まない」とアドバイスします。

トラブル発生!

MIYAVIは次号の表紙には、まだ顔が明かされて二世タレントの女子高生モデル・Hinataを起用していました。

しかし、その写真がなぜかネット上に流出。

Hinataの親は大激怒。

発売を目前に、MIYAVIは表紙のモデルを失うかもしれない危機に瀕していました。

麗子の力を借りようと、奈未は麗子を訪ねますが、冷たく突き放されてしまいます。

仕方なく、奈未たち編集部は、自分たちでこの危機を脱する方法を考えます。

なんとかHinataサイドの許可も得て、流出を敢えて、逆手にとった作戦で、無事発売にこぎつきました。

奈未は、出来上がったMIYAVIを麗子の机の上に置きに行きました。

しかし、麗子は読むことなく、奈未に返しにやってきます。

奈未も引き下がらず「どうしても麗子に読んでほしい」と言い、麗子に雑誌を押し付けて去っていきまた。

その後、麗子は、副社長の宇賀神(ユースケ・サンタマリアさん)に呼ばれ、「誰かに頼ることも大事」と言われます。

デスクに戻った麗子は、MIYAVIを読み始めました。

麗子は雑誌編集者を目指した頃の自分を思い出し、涙を流します。

それからしばらくして、麗子が、編集部に戻ってきました。

みんなの作った雑誌に感動したことを伝える麗子。

みんなとまた仕事がしたいと頭を下げます。

以前のように、かっこいいファッションに実を包んだ麗子に、編集部のメンバーも大盛り上がりです。

理緒の後押し

その頃、潤之介は、理緒(倉科カナさん)の手術に付き添っていました。

手術を終えた理緒は潤之介に、付き添ってくれたことについて、お礼を言います。

そして、理緒はプロとしてはもう無理であることを報告しました。

しかし、夢を追いかけられたことについては、後悔してないと、明るい笑顔を見せました。

理緒は潤之介に問いかけます。

「後悔はしてないのか」と。

何も答えようとしない潤之介に「もっとわがままになっていいんだよ」と理緒はエールを送りました。

 久しぶりのデート

その頃、奈未のスマホに、尾芦(亜生さん・ミキ)から電話がかかってきました。

それからしばらくして、奈未は潤之介に電話をかけます。

そして「1日だけ彼氏になってください。フリでもいいです」とお願いをします。

潤之介は「いいよ」と答えます。

そして迎えたデートの日。

いろんな思い出を振り返りながら、二人は楽しい時間を過ごします。

夕方になり、奈未は「一緒に行きたいところがある」と告げました。

行った先は、レンタル倉庫。

そこには、潤之介の写真作品がたくさん保管されていました。

尾芦は、処分を頼まれていたのですが、どうしても処分できなかったのです。

潤之介の写真には、どれも人がいた形跡があると話す尾芦。

奈未も潤之介の写真を見ながら思わず笑顔になります。

奈未は以前、潤之介に「夢を持つことにとらわれなくてもいい」と言われて、救われました。

しかし、夢のある人が、夢にフタをしてしまうことは悲しいことなのではないかと、問いかけます。

潤之介には笑っていてほしいと奈未は願っているのです。

夢を追う決意

潤之介は、金沢に戻り、両親に写真の道に進みたいこと、家業は継げないことを伝えました。

そこに麗子も帰ってきました。

そして父親に「潤之介の幸せを願うなら、潤之介の人生を家のためじゃなく、潤之介自身のために使わせてあげてほしい」とお願いをしました。

父親は、麗子の言葉を受け止めました。

そして、麗子と潤之介を抱きしめながら、二人には自分の道を進んでも良いと伝えました。

 麗子と宇賀神

麗子が、宇賀神に辞表を出しています。

麗子は、新生MIYAVIが軌道に乗ったら辞表を出すつもりだったようです。

これからは自分の作りたいものを作ると言う麗子。 

しかし、「これからは人にちゃんと頼ることをしてみる」と宣言します。

宇賀神に対して、「あなたを頼らせてください」と口にする麗子。 

宇賀神は、ビジネス面での意味か、プライベートでの意味か問いかけますが、麗子は言葉にしません。

その代わりに微笑む麗子に、宇賀神は「悪魔の微笑み…」と言います。

カンボジア?

奈未が、編集長を訪れ、麗子に今までのお礼を言います。

まさか「辞める辞める」と言っていた奈未より自分が先に辞めるとは…と、麗子。

奈未は、いろんなことを懐かしく思い出し、涙します。

それから麗子は、潤之介がカンボジアに行くことを告げます。

奈未は慌てて、潤之介の元に行くために、会社を飛び出そうとしました。

しかし、その直後に、なんと潤之介が編集部に現れます。

カンボジアのNGOのカメラマンに挑戦するということを報告する潤之介。

そして潤之介は、「やっぱり奈未ちゃんのところに帰ってきたい」と告げます。

待っててくれるかと問いかける潤之介。

奈未は、そんな潤之介のことを「ずるい!と言いながらも、「待つに決まってる。いつまでだって待つ。」と答えます。

編集部のメンバーが見守る中、抱き合う二人。

潤之介は、奈未に世界中で一番好きだと伝えます。

奈未を抱きしめながら、「充電いっぱいしとく」と言いました。

麗子は、そんな二人を笑顔で見守っていました。

 3年後

それから、3年の月日が経ちました。

なんと、MIYAVIの編集長は、和美です。

しかしその日は、奈未がMIYAVIから旅立つ日であるようです。

すっかり大人になった奈未が、編集部のメンバーにお別れの挨拶をしています。

次の職場に向かう奈未。

どうやら、宇賀神と麗子の会社であるようです。

麗子のアシスタントは私しかいないと言う奈未。

最強タッグの復活です!!

しかし、あれから3年、潤之介からは連絡がなかったようで、奈未は、「ちょっと待たされ過ぎでは…」と、感じていました。

そんな折、奈未は、渋谷に大きなカンボジアの広告の看板が掲げられていることをひょんなことから知ります。

渋谷に向かって駆け出す奈未。

奈未は、看板の写真が潤之介によって撮られたものであることを確認します。

奈未は、潤之介との思い出のベンチにも訪れました。

すると、なんと後ろから潤之介に声をかけられます。

潤之介、ちょうど帰ってきていたようです。

奈未は、潤之介に「ヒーローみたい。」と伝えます。

会いたいときに、必ず会いに来てくれる潤之介は、奈未にとってヒーローなのです。

抱き合う二人。

しかし、子供にしっかり見られていることに気づいた二人は、笑いながら少し離れます。

二人はベンチに座ることにしました。

ですが、足元には「ペンキ塗りたて」のメモが…。

慌てて立ち上がる二人。

二人ともしっかり、お尻にペンキがついてしまいました。

二人は笑い合いました。

潤之介は奈未を抱きかかえて何度もキスをします。

オーマイボス・最終話の感想

なぜ流出した?

MIYAVIの次号の表紙の写真が流出というトラブルに襲われた奈未たち。

麗子がいなくても、ちゃんと乗り越えた編集部なのですが、そもそも流出の原因は何だったのか気になります。

ピンチを乗り越えられたことに意味のあるシーンだったのかもしれませんが、それが気になってしまってモヤモヤしてしまいました。(笑)

 清々しい表情の理緒

出番が全体を通して多くはなかった倉科カナさん演じる理緒でしたが、理緒の出演シーンは好きでした。

残念ながら、理緒のバイオリニストとしての生命は絶たれてしまったのですが、理緒は夢に向かって努力してきた日々を後悔していないようでした。

何かに挑戦をしようとするとき、私はどうしても失敗したときのことを考えてしまいます。

失敗したら、時間やお金を無駄にしてしまったと感じてしまいそうで、いつも怖かったのですが、怖がらなくていいのかもしれないと思いました。

このドラマには、理緖だけではなく、夢を追う登場人物は、たくさん出てきました。

奈未、潤之介、麗子… 涼太や遥もそうですね。

どの人物も失敗を恐れていなくて、たとえ失敗したときも「良い経験ができた」と笑って受け入れられるような度量を持っているように見えました。

私の場合は「夢」というような大それたものではないのですが、旅行や新しい趣味など「やってみたい」と思ったことにはどんどん挑戦していきたいなと思えるような心境の変化がありました。

ハッピーエンド!

目を丸くするほどの見事なハッピーエンドに大満足です!

奈未も麗子も潤之介も、おそらく自分の夢を一番大切なものとして掲げて追いかけていくんだろうなというラストは予測していたのですが、その代わりに悲しい別れが訪れるかもしれないという覚悟もありました。

しかし、あいかわらず奈未は麗子のアシスタントで、潤之介とも復縁することができました!

麗子と宇賀神もお付き合いをしている…という理解で大丈夫ですよね??

はっきりとは言及されていませんでしたが、3年後には一緒に会社を経営していたくらいだし、公私共に良いパートナーなんだろうなと思いました。

涼太と遥はどうなったのでしょう?

あいかわらず仲は良さそうでしたけど、残念ながらカップルぽくはなかったですね。

涼太も遥もあきらめないタチですから、お互いに未だに片思いを続けているのかもしれません。

続編に期待です。(笑)

そして、奈未と潤之介のラストシーンの抱きかかえてのキスは良かったですね〜!

小柄な萌音ちゃんのかわいらしさが全面に出ていました。

見ていて幸せな気持ちになれた最終話。

全体を通して、とても素敵なドラマでした♡

 

 

 

 

オーマイボスあらすじ一覧

ネタバレ注意【オーマイボス1話を無料で】上白石萌音が鬼上司・菜々緒さんの雑用係に! - okasora

上白石萌音(かみしらいし・もね)さん主演の「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」が1月19日からスタート! このページではオーマイボスのあらすじと見た感想を紹介しますね!ネタバレもありますので注意です。 1話なので相関図から紹介していきま~す。 予告動画 オーマイボス相関図 引用:twitter.com 熊本から羽田空港に到着 鈴木奈未(上白石萌音さん)は、就活で熊本から東京に来ていました。 出版会社・音羽堂という会社の面接にきたのですが、奈未は早く着き過ぎてしまったので、公園に行き、ベンチに座るのですが…。 そのベンチはペンキ塗りたてでした。 その様子を見ていた潤之介(Kis-My-Ft2・玉森裕…

けん玉チャンピオン【オーマイボス2話】玉森裕太の彼女(仮)の結末は? - okasora

玉森裕太さんが演じる潤之介の仮の彼女になった奈未(上白石萌音さん)でしたが、 「え”っ・・・」 潤之介のお姉さんはまさかのドSな上司・宝来麗子(菜々緒さん)!? というのが「オーマイボス」1話のお話でしたね。このページでは2話のあらすじを紹介します! ツイッターなどに投稿されたネット民のおもしろい感想も同時に紹介していますので、もう見た人も楽しめると思います。 引用:www.instagram.com 潤之介の姉は… 潤之介(玉森裕太さん)の恋人のフリをすることになった奈未(上白石萌音さん)。 奈未は、潤之介から姉を紹介されます。 なんと潤之介の姉は、宝来麗子(菜々緒)でした。 麗子は、奈未と…

下灘駅【オーマイボス3話】 個展のハガキに写っていた駅はどこ?ネットで話題に - okasora

オーマイボス3話ではキスマイ玉森裕太さんが演じるの子犬の潤之介、さらには玉森裕太さんが上白石萌音さんにキス!(おでこにですが)がネットで騒がれましたね もう一つ、潤之介の写真個展のハガキに写っていた風景、駅がどこかについても話題になっていました。どこの駅か後ほど紹介しています。 このページではオーマイボス3話のあらすじを詳しく紹介します。 ツイッターなどに投稿された面白い感想やコメントも一緒に紹介していますので、ドラマを見た人も楽しめると思います。 引用:www.instagram.com 潤之介=子犬 潤之介(玉森裕太さん)が、奈未(上白石萌音さん)に「俺のこと好き?」と、問いかけています。…

あらすじ【ボス恋4話】 ジンコ役は誰?バーベキューのロケ地は? - okasora

「オーマイボス」4話で2回目のキスシーン!ネットでは玉ちゃんにキュンキュンした女子で盛り上がっていましたね! このページではそんなボス恋4話のあらすじと世界の着物ブームの火付け役と言われているファッション界のとトップクリエイティブディレクター、ウエクサジンコ役は誰?、奈未がバーベキュー(BBQ)デートをしていたグランピングキャンプのロケ地を紹介しますね。 また、ツイッターに投稿された面白い感想やコメントも一緒に紹介しているので、ドラマを見た人も楽しめると思います。 オーマイボスのあらすじ一覧はコチラ↓ オーマイボスあらすじ記事一覧 - okasora 引用:www.instagram.com …

ネタバレ【ボス恋5話】 麻美(あさみ)と副社長・宇賀神(うがじん)の関係はコレ - okasora

オーマイボスの5話ではライバル誌『ZEAL』の編集長・麻美(あさみ)と副社長・宇賀神(うがじん)が密会して、なにか株主の情報を渡していましたね。これはなに意味するのか考察を紹介します。 また、5話では間宮祥太朗さん演じる中沢涼太が主人公・奈未に対する思いの伏線がちょいちょい描かれていましたね。中沢といえは、スピンオフで和泉遥との展開もあるので気なるところです。 このページではボス恋・5話のあらすじとツイッターに投稿された面白い感想やコメントも紹介していますので、ドラマを見た方も楽しめる内容になっていると思います! オーマイボスのあらすじ一覧はコチラ↓ オーマイボスあらすじ記事一覧 - okas…

【オーマイボス・6話あらすじ】涼太の奈未への告白に違和感?涼太の恋の行方は? - okasora

オーマイボス(ボス恋)6話では、潤之介が黒いワンコ(黒潤)が話題になりましたが、もう一つ突然、涼太の奈未へ告白しましたね。この展開にちょっと違和感が・・・。 このページではボス恋6話のあらすじと一緒にツイッターに投稿された面白い感想やコメントも紹介していますので、もうドラマを見た方も楽しめる内容になっていると思います! 引用:www.instagram.com 潤之介と仲直り?! 奈未(上白石萌音さん)は、潤之介 (玉森裕太さん)を避けていました。 潤之介の想い人が、 理緒 (倉科カナさん) であることに気づいた奈未は、10年ぶりの二人の再会を見ることが辛くて、その場を立ち去ってしまって以来、…

【ボス恋7話】中沢涼太(なかざわりょうた)がトレンド入り!あらすじを紹介 - okasora

オーマイボス(ボス恋)6話で主人公・奈美に突然告白したことで、ネットがかなり話題になった間宮祥太朗さん演じる中沢涼太(なかざわ・りょうた)。 7話では中沢涼太の行動で更にネットを騒がせトレンド入りしていました!! このページではそんな、ボス恋7話のあらすじとツイッターに投稿された面白い感想やコメントも一緒に紹介していますので、ドラマを見た人も楽しめる内容になっていると思います。 引用:twitter.com MIYAVIが廃刊? 麗子 (菜々緒さん) は、MIYAVIには、廃刊の危機があることを知らされ、一人思い悩んでいました。 スポンサーとなる企業探しに難航する麗子に、奈未(上白石萌音さん)…

【ボス恋8話】潤之介(玉森裕太)のタンクトップ姿とオムライスにLOVEが話題 - okasora

オーマイボス(ボス恋)8話では、潤之介を演じる玉森裕太の黒いタンクトップ姿がネットで話題になりました!そのタンクトップ姿をまとめてみました(笑) また、同じシーンで潤之介が作った朝食のオムライスに実は「LOVE」と書かれていたのも話題です。 このページではボス恋・8話のあらすじとツイッターに投稿された面白い感想やコメントも一緒に紹介しているので、もうドラマを見た方も楽しめる内容になっているともいます。 引用:www.instagram.com 編集部の危機 音羽堂出版社は、吸収合併と『MIYAVI』廃刊の危機に瀕していました。 今回企画する化粧水・ISOBEとCOACHとMIYAVIのコラボプ…

【ボス恋9話】潤之介(玉森裕太)の白黒潤が話題に!天使?悪魔? - okasora

オーマイボス(ボス恋)・最終回の一歩手前9話では、玉森裕太さん演じる、潤之介(じゅんのすけ)の白黒潤が話題になりましたね。(話題のツイートや画像を紹介しています) このページでは、ボス恋・9話のあらすじとツイッターに投稿された面白い感想やコメントも紹介しているので、ドラマを見た方も楽しめる内容になっていると思います。 引用:twitter.com プロポーズをされた奈未! 潤之介 (玉森裕太さん) からプロポーズをされた奈未(上白石萌音さん)。 「一緒に金沢に来て欲しい。よく考えてから返事…」と言いかけた潤之介に、即座に「お願いします」と奈未は、返事をします。 大丈夫よね、私。 奈未は、自分に…

【ボス恋・最終回】あらすじと感想。潤之介ロス!?奈未との結末は? - okasora

ついにオー!マイ・ボス!(ボス恋)が最終回を迎えましたね。登場人物がそれぞれが持つ夢と恋愛の結末がきになるところです。 このページではオーマイボス(ボス恋)の最終回のあらすじと感想を紹介してきます。 引用:twitter.com 潤之介ロス 潤之介(玉森裕太さん)と別れ、立ち直れない奈未(上白石萌音さん)。 コンタクトを付ける元気もなく、元気がありません。 しかも仕事で会う人がすべて潤之介に見えてしまい、フラフラしているので、涼太(間宮祥太朗さん)や和美(秋山ゆずきさん)も心配そうです。 そんな奈未を元気づけようと、 編集部の先輩たちは、飲み会を企画。 なんとその飲み会には、潤之介も呼ばれてい…