okasora

旬な話題をゆる~く。おかそら!

恋する母たち6巻前半【ネタバレと感想】優子がメガネをかけ続ける理由とは?

このページでは「恋する母たち」原作コミック6巻(前半)のストーリーと感想を紹介します。【タバレネ注意】ですがドラマのストーリーと違う部分も多く、逆に原作のストーリーを知ると、ドラマをより楽しめるかもです。(ネタバレを知りたくない方は、この先は読まないほうがいいかもです。)

 

優子がメガネをかけ続けている理由も紹介しています!

夫・繁樹が弁護士の業務停止命令を受けたマリ

まり(仲里依紗)の夫・繁樹は、弁護士会から半年間の業務停止を命令されます。

まり達家族5人は、築30年の2LDKのマンションに引っ越します。

まりは、記事をリークしたのが山下のり子だと知り、怒りを感じます。

まりは、不倫をされたことよりも、子どもたちを傷つけたことに対して、繁樹を許せずにいました。

そんなある日、北海道に住むまりの両親がやってきて、北海道に移住することを提案します。

まりの長男の繁秋は、以前からまりの父が営んでいる写真館に興味があったらしく、北海道に行くと言い出しました。

そして繁秋は、自分がひとかどの男になったら、まりと妹たちを迎えに来ると言いました。

まりは、成長した繁秋の優しい言葉に涙ぐみます。

 そんなまりは、お弁当屋でアルバイトを始めました。

まりは、仕事に充実感を感じていましたが、空回りしてしまい、3日でクビになってしまいます。

そんなまりのところに杏(木村佳乃)から、連絡が入ります。

杏の義母・綾子がまりを気に入り、自身の経営する会社のブランド「石渡コスメ」のイメージモデルとしてまりをスカウトしてきたのです。

優子がメガネをかけ続ける理由とは

その頃、優子(吉田羊)の家では、息子の大介が、夫のシゲオがいる与論島に向かう準備をしていました。

大介は、杏の息子・研にお別れの挨拶をしたいと言っていましたが、しばらくすると急に気が変わったと言い出します。

大介は、戸惑う優子に自分がゲイであることを告白しました。

与論島への移住を決めたのも、優子のことが嫌いだからなのではなく、研への想いに耐えられなかったからだと話しました。

 優子は、そんな研の悩みに気づくことができなかったことを悔やみました。

その後、優子は、杏の家に遊びに行きました。

優子は、シゲオから離婚を切り出されたことを話しました。

優子は、過去にも浮気をしたことがあり、大介はシゲオの子どもではないことを告白します。

それ以来、優子は贖罪として、シゲオの指示に従い、きれいな顔を隠すために、メガネをかけてきました。

しかし、ついにその約束も守れなかったのです。

 

それから千葉に異動した優子は精力的に働くようになりました。

前担当者のミスのせいで土下座をさせられることもありましたが、自分が浮気をしてシゲオや大介を傷つけたことを思うと、もっと苦しみたいと思っていました。

営業職に初挑戦の優子に対して、営業セールス全国トップ3の赤坂から、営業のやり方についてアドバイスのメールを送られてきました。

優子は赤坂のやり方を参考にしながらさらに働きます。

毎日の努力が実を結び、優子は、ついに仕事相手の心をつかみ、取引に成功します。

優子は、赤坂と一緒に仕事をしていた頃のことを思い出していました。

優子と赤坂の関係は続く!?

仕事のパートナーとして、最高だった赤坂を傷つけたことを思い出し、また苦しさに襲われます。

そんな折、優子は赤坂と再会することになります。

赤坂は有馬ひとみから、事情は聞いたと話しました。

優子が、赤坂に対して「性欲のはけ口」と言ったことについて、ひとみは自分が頼んだことだったと言いました。

しかし、優子は赤坂を冷たく突き放します。

立ち去る赤坂の背中を見ながら、優子は赤坂に恋をしていたことを思い知らされます。

優子は、万年課長代理をしている年上の部下・熊田のことが気になっていました。 

優子は熊田に昇進試験を受けることを勧め、手伝います。

そうして無事、熊田は試験に合格して課長になりました。

熊田は、お礼にと、優子を自宅に招待します。

優子は、熊田の20歳年下の妻や5人の子供と遊びながら、自分を甘やかすことも悪くないと感じていました。

 

 

次の記事はコチラ↓

恋する母たち6巻後半【ネタバレと感想】まりが丸太郎の子を妊娠!?離婚・結婚は? - okasora

このページでは「恋する母たち」原作コミック6巻(後半)のストーリーと感想を紹介します。【タバレネ注意】ですがドラマのストーリーと違う部分も多く、逆に原作のストーリーを知ると、ドラマをより楽しめるかもです。(ネタバレを知りたくない方は、この先は読まないほうがいいかもです。) View this post on Instagram A post shared by 【公式】金曜ドラマ『恋する母たち』 (@koihaha_tbs) 恋する母たち6巻後半はマリの行動に驚きとヒヤヒヤです。 丸太郎の最初の妻・クミが他界 石渡コスメの広告塔となったまり(仲 里依紗)は、半年間はギャラ50万円が毎月振り込…

前の記事はコチラ↓

恋する母たち【ネタバレと感想】杏の元夫・慎吾(しんご)が記憶喪失になった理由とは? - okasora

杏(木村佳乃)が家に戻ると、離婚した夫・慎吾(渋川清彦)の母親が待っていました。 杏が住んでいるマンションが建て替え工事をすることになり、急に1ヵ月間、仮住まいができる部屋が必要になったのです。 杏は、その連絡を受けていなかったので、急な話に戸惑います。 恋する母たち | 木村佳乃の駆け落ちした夫・石渡慎吾は元モデルのKEE(渋川清彦さん) - okasora 出典:http://www.decadeinc.com/ 2020年10月から木村佳乃さん主演ドラマ「恋する母たち」がスタート。 本作には、「MEN’S NON-NO」や「smart」の元モデル(KEE)で、現在は俳優として活躍されてい…