okasora

旬な話題をゆる~く。おかそら!

24JAPAN | 鮫島剛(さめじまごう・GO)役の犬飼貴丈(いぬかいあつひろ)さんを詳しく紹介!

ドラマ「24JAPAN」に出演している犬飼貴丈(いぬかい・あつひろ)さん(鮫島剛役)。

今回は鮫島剛役を演じている犬飼貴丈さんの過去に出演した作品やプロフィール、そして「24JAPAN」の役柄などをご紹介していきます。

「24JAPAN」鮫島剛(さめじまごう・GO)役

ドラマ「24JAPAN」は、アメリカで世界的大ヒットシリーズとなった「24」を日本版にリメイクし、唐沢寿明さん主演で全24話から構成されるドラマ。

日本に初の女性総理が誕生するまでの24時間を描いた物語です。
犬飼貴丈さん演じるのはGOと名乗る、自称大学生・鮫島剛。函崎寿々(柳美稀)の友人で肉体関係あり。長谷部研矢を夜遊びの場に連れて来きます。

明るい性格ですが、身勝手な本性が次第にあらわになっていきます。美有の誘拐騒ぎにも関わりがありそうな予感です。

犬飼貴丈さんのプロフィール

  • 所属事務所:バーニングプロダクション
  • 生年月日:1994年6月13日(2020年10月22日現在26歳)
  • 出身地:徳島県
  • 趣味:音楽鑑賞、DVD鑑賞
  • 特技:ギター、110mハードル

 

芸能界に入ったきっかけは、2012年第25回『ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』で、応募者13,816人の中からグランプリを受賞したことです。

デビュー作は、2014年昼ドラ『碧の海~LONG SUMMER~』。

2017年には『仮面ライダービルド』で、テレビドラマ初主演を果たします。

その後も『ペテロの葬列』『ナオミとカナコ』など、テレビドラマに出演し、俳優としてのキャリアを重ねていきます。

犬飼さんは幼少期からスポーツを得意としており、中でもハードルは高校の県大会で6位を獲った実力者。

シュートボクシング経験があり、『仮面ライダービルド』では変身ポーズに活かされています。この役のオーディションのために、普通自動車免許を取得。

他の出演作品と役柄の説明

主な出演作品を紹介します。

2017年

  • 仮面ライダービルド(佐藤太郎 役)

2018年

  • 獣になれない私たち(上野発 役)
  • 連続テレビ小説 なつぞら(山田陽平 役)
  • CM 大塚製薬『オロナミンC』

2019年

  • おしい刑事(横出徹 役)
  • ランウェイ24(海野大介 役)

犬飼貴丈さんの代表作は『仮面ライダービルド』。犬飼貴丈さんが演じたのは、主人公の桐生戦兎 役です。

ナルシストで、謎多きイケメン役。

オープニングのシーンで、カメラ目線でフルボトルを振るシーンは、とても爽やかで、見ているこちらがドキリとさせられるくらいカッコイイです。

歴代のライダーに劣らず、戦兎の変身シーンはポーズも含めてカッコよかったですね。
優しい雰囲気から一変、鋭い眼力も印象的です。

視聴者の間では、特に21話の演技がヤバイ!表情が凄くいい!と話題を集めました。

『仮面ライダービルド』の放送終了後は、ロス状態に陥った視聴者も多かったほど、大人気の作品です。

 

『獣になれない私たち』では、上野発役を演じました。

上野発は、新垣結衣さん演じる主人公・晶が勤める、ECサイト構築会社(TCJ)の無気力な新人営業部員。

 

ストーリーが展開していく中で、上野発は重要な役どころとなりました。

視聴者からは、「犬飼くんが出てるから観た」というファンも多くたほど根強い人気。

『仮面ライダービルド』とギャップのある役どころに驚く声や、「犬飼くんカワイイ!」「やっぱり演技が上手!」などと、犬飼貴丈さんを絶賛する声が数多くあがりました。

確かに上野発役はルックスをはじめ、表情や仕草が可愛いなと思いました。

まとめ

『仮面ライダービルド』をはじめ、数多くのドラマや映画に出演し、周囲も驚くほどの演技力を磨き続ける犬飼貴丈さん。

ドラマに出演するたびに、どんどん演技が上手くなっていると注目の俳優です。
様々な表情を演じ分けることができるのが未量的。

将来が凄く楽しみな俳優の1人!今後大ブレイクする俳優だと思います。

今回のドラマ『24JAPAN』では、どんな演技を見せてくれるのか楽しみですね。