okasora

旬な話題をゆる~く。おかそら!

35歳の少女 | 林田藤子役の大友花恋さんって大友康平さんの娘?

大友花恋(おおとも かれん)公式画像

出典:研音

 近年、さまざまな話題作に出演し、徐々に存在感を放つようになってきた大友花恋さん。

Seventeenのモデルとして活躍しながら、女優としての活動の場も広げてきました。

学生のイメージが強い大友花恋さんですが、そんな彼女もいつの間にか20歳。

最近ですと三浦春馬 さんの遺作ドラマとして話題になった「お金の切れ目が恋の始まり」では牛島瑠璃を演じ、現在放送中の「35歳の少女」にも立て続けに出演し更に注目度アップ。

今回は、そんな大友花恋さんに関する情報をお届けしたいと思います。

気になる大友康平さんとの血のつながりはっ!!?

「35歳の少女」林田藤子役

35歳の少女では主人公(柴咲コウさん)の妹・愛美の部下で、なんと上司である愛美の元恋人を奪い、現在付き合っているという役を演じています。

父は大手飲料メーカーの役員で勤務先には父のコネで入社。大切にというか甘やかされて育ったためか、周りからチヤホヤされることが当然といった感じの役柄です。

大友花恋の役者としての経歴

大友花恋さんのプロフィールと過去の出演作品を簡単に紹介したいと思います。

公式インスタ

プロフィール

  • 本名:大澤花恋
  • 生年月日:1999年10月9日
  • 出身地:群馬県高崎市
  • 身長:162cm
  • 職業:女優・ファッションモデル・タレント
  • ジャンル:テレビドラマ・映画
  • 活動期間:2012年から
  • 事務所:研音

受賞歴

  • 受賞ミスセブンティーン2013 グランプリ
  • BLOG of the year2016 優秀賞 

大友花恋さん、よーく見たら、本名ではなかったんですね。

 大友花恋って大友康平さんの娘ではない。

大友って聞くと、大友康平さんを思い浮かべる方も多いと思いますが、大友康平さんはと芸名が同じだけで娘でありません。

本名は「大澤さん」なのだそうです。

大友花恋さんのデビューのきっかけは、雑誌の読者モデルにご自身で応募したことでした。

当時は、まだ小学6年生だった大友花恋さんですが、見事に合格し、現在の事務所・研音に所属することになりました。

その1年後には、『Seventeen』の専属モデルオーディション「ミスセブンティーン2013」で、グランプリを受賞し、専属モデルになります。

2014年からは、女優としても活動するようになり、現在に至ります。

他の出演作品と役柄の説明

大友花恋さんの主なドラマ出演作品をご紹介いたします。

映画出演作品

  • 悪夢ちゃん The 夢ovie(近藤七海 役
  • 案山子とラケット~亜季と珠子の夏休み~(松丘珠子 役)
  • 君の膵臓をたべたい(恭子 役)

主なテレビドラマ出演作品

  • 悪夢ちゃん(近藤七海 役
  • お迎えデス(堤さやか 役)
  • 恋仲(山城心音 役)
  • チア☆ダン(榎木妙子 役)
  • あなたの番です(妹尾あいり 役)

大友花恋さんが、演じた作品の中で特に印象的だった作品について、紹介しますね~。

あなたの番です

「あなたの番です」で大友花恋さんは、妹尾あいり役を演じました。

あいりは、ちょっと派手なイマドキの女の子であり、危ない仕事にも手を出しています。

そんなあいりですが、姑にいびられている住人の女性をフォローしようとしたりする優しい一面もありました。

しかし、あいりは、父親のようにかわいがって育ててくれた浮田を失います。

浮田が、誰に命を奪われたのか、真相解明のために走りまわるあいりに注目していた視聴者は多かったと思います。

清楚で真面目な印象が強かった大友花恋さんですが、本作では髪色を明るく染めて、役に挑みました。

 カネ恋

 最後に大友花恋さんが最近出演したドラマ「「お金の切れ目が恋の始まり」について簡単に説明します。

三浦翔平さん演じるファイナンシャルプランナー・早乙女健は、「お金の専門家」としてテレビに出演することも多い有名人です。

そんな早乙女の秘書を務めているのは、大友花恋さんが演じる牛島瑠璃です。

牛島瑠璃は、本作のヒロインである松岡茉優さん演じる九鬼玲子が、早乙女に好意を寄せていることを快く思っておらず、玲子に対しては冷たく当たります。

牛島瑠璃も早乙女に恋愛感情を抱いているため、玲子とは恋敵という役でした。

あまり目立たない役と思いきや、早乙女の隠し子をマスコミにタレコミして視聴者を驚かせました。

 まとめ

今回は、大友花恋さんに関する情報を紹介しました。

大友花恋さんは、演じる役柄に合わせていける女優さんなので、今後の活躍が楽しみですね。