okasora

旬な話題をゆる~く。おかそら!

エール【あらすじ】10月22日(木) | 医師 永田武の妹・ユリカ役 中村ゆりさんってどんな人?

エール 10月22日(木) あらすじ

昨日の放送でラジオドラマ「鐘の鳴る丘」が大ヒットし、祐一が作曲したテーマ曲「とんがり帽子」もみんなにきかれていましたね。

その後、祐一は池田の薦めで、映画の主題歌を引き受けます。

原作は「長崎の鐘」

原爆の現実のリアルに描いた作品です。

作者は医師の永田武。

祐一は曲を作るため、長崎に訪れます。

池田は曲作りのために、話を聞きたがっている祐一に問いかけます。

原爆で焦土化した長崎、広島を見て、本当に神様はいるのか若者に池田は

「どん底まで落ちろ」

と言った。

「この意味が分かるか?」

と。

その答えが曲作りを助けるはずだと言われた祐一は、何日も部屋にこもって意味を考え続ける。

それを見かねた永田は妹のユリカに、祐一をある場所に案内させることにしたのです。

その場所は、永田が原爆投下直後に被爆者の治療を行った場所です。

祐一は原爆の悲惨さを目のあたりにするのでした。

あらすじプラス

吉岡秀隆さんが演じるの永田武の妹・ユリカ役は中村ゆりさんが演じています。

最近ですと、未満警察 ミッドナイトランナーの稲西結衣役を演じたりと、多数のドラマに出演しています。

とても綺麗な方ですよね!そんな中村ゆりさんについて、こちらのページでまとめています。